2006年12月29日

非トラウマ

私は少年時代から 剣道なるものを やっている。
当時、先生は厳しかった。

竹刀を杖のように持ち、人の顔に向ける剣先を 床につけたりしていると、たちまちカミナリカミナリが落ち、実際に脳天がカチ割られるような目に合う。

しかし、スティックは 杖にできる。  トラウマに非ず。

正しくは スティックは 杖にできる。 ではなく、杖にするしかないのだ!
杖にするだけでなく、なんと!ブレーキに使ったりもしている。
だから 削れるのも早い! ブレード部分は すぐにペシャンコになる顔10 トホホ



満州アイスホッケーおじいさんに言われた 『 わたしらのは、ここの幅 ( ブレードの部分 ) が、もっと 広かったですな・・・ 』

スンマソン これも最初は 広かったんです・・・トホホ 顔7  

2006年12月27日

トラウマ

私は少年時代から 剣道なるものを やっている。
当時、先生は厳しかった。

床に置いてある 竹刀をまたいだりすると たちまちカミナリカミナリが落ち、竹刀の前に土下座させられ 竹刀に向かって 「 竹刀さん ゴメンなさい、これから もう いたしません! 」 と 頭を下げさせられた。

だから、今でも竹刀は またげない身体になってしまっている。

そんな オッサンが実は、スティックも またげないで いるのだ。


どちらが正しいというのではなくて、物の成り立ち、使い方、考え方が違うのだから 頭で 「 スティックはまたいでもいいんだ 」 と わかっていても 身体がよけてしまうのです。

スティックの前に土下座して、ブツブツ言いながら ペコペコしているバクチャンを見つけても、みんな いじめないでね・・・  

2006年12月25日

世界にはばたけ!


土曜日にヤッパ君 ( 東海TV ) が取材に来ました!

世界 にはばたく 子供達で 番組を作っているとのこと。
今回は なんと!我が 愛知スターズ#55君の頑張り が 番組になり TV放映されるとの事!
放送は来年で 詳細が分かり次第 このブログでも連絡します!
乞うご期待!!!!!

ありがとう! ヤッパ君  メリー クリスマス! 乾杯!!
  

Posted by なるほどバクチャン at 01:12Comments(2)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)

2006年12月24日

第2道場

我が家から30メートル下った所に 焼き鳥屋ができましたぁー!うまかったぁー
22日オープンで 22,23日と行きました。生中とか半額だしぃー 顔2 
みんな行こうね。
ご近所という事もあり、サービス券とかもらいまくり
*注 = ママレモンが「よこせ!」と恐喝したわけじゃありません・・・ のはず

なによりうれしいのが、営業時間外なら駐車場を インラインスケートで使ってもいいとゆう 太っ腹!
この駐車場 アスファルトがまたいいんだなぁー 早朝 自主練には もってこい
*注 = ママレモンが「使わせろ!」と恫喝したわけじゃありません・・・ のはず
見たい人は写真でどうぞ ↓
おろかなる人間達は 近々ここに”謎のサークル ∞ (無限大)” が出来る事は知るよしもないであろう

夜の第2道場になってしまいそう・・  

2006年12月23日

アイスの欠点

アイスホッケーの欠点 それは 楽しすぎる ということ。
やっている本人たちは、本当に楽しいと思う。うらやましい、、
生まれ変わったら、小さいときから アイスホッケー やらしてもらいます。。

そんなんだから 先日、テニスからホッケー考で オッサンひとり勝手に熱くなって書いてしもた。
ホッケーでこれから ”どうしろ” とは全く考えていない。 ただ、やればやっただけ うまくなればうまくなっただけ もっともっと楽しくなると 思ったから・・

アイスホッケー応援もすごく楽しいし、子供達の練習風景を見ているのも 楽しい。

あの スピード感 激しさ ザザザッッー ってのが いい。

日本でも プロ野球みたいな感じで アイスホッケーリーグができないかしら、、地元チームを目一杯応援するのさ・・

文が全く まとまらない、これも アイスの欠点 か?  続きを読む

Posted by なるほどバクチャン at 13:35Comments(1)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)

2006年12月20日

地上絵



ナスカの地上絵 = スティックを持った巨人

そして、あの人に捧げる ミステリーサークル8 エイト
よく見てごらん、コーンの周りに 謎のサークル8 エイトの数字が!
どのように創られたかは、知る人ぞ 知る・・

おそるべし スティックを持った巨人&ミステリーサークル8 エイト  

2006年12月19日

昔の話

昨日、自主練していたら また満州でアイスホッケーやってたという おじいさんに会った。
本来 大の人見知りのバクチャンが 自分から話しかけたのだ! やはり満州でアイスホッケーというのには 興味を引かれる。
満州のほかに大連とか瀋陽にも おられた事があると言う。 とにかく 向こうの冬は寒かったと言う。
マイナス10度 20度は当たり前、マイナス30度~40度の時さえあったそうだ。 ( B さんのカナダ エドモントンと同じくらいかな?でも現在とは 衣食住が全く異なるなぁ ) 
その頃 おじいさんは中学生で、マイナス10度までは、外で上半身裸で走らされ、 敬礼の仕方が悪い!などと言われ ( 敬礼の格好をビシッとする ) よく ぶん殴られもしたそうだ。
そんな中 アイスホッケーは なにより楽しかったのだそうだ! シューズは スピード用、ホッケー用と しっかりしたものが ちゃんとあったそうだ。
「 私のはホッケー用でしたけどな・・ 」 とうれしそうに言われる。
しかし防具は 現在のようなしっかりした物は無く、パックが当たったりして いつも 青あざだらけだったそうだ。  壁や防具が無くては当然だろうけど チェックは しなかったそうである。 
そして激しい試合の時だけは、竹で作った 脛あて をしてプレイしたのだそうだ。

厳しかった学校生活の中 昼休み時間 ホッケーシューズを 「カシッ!」 と台に載せ 研いだりするのが また楽しかったのだそうだ。 楽しみが少なかった当時 大切な道具の手入れが 楽しかったというのは、よく わかる気がする。



       おじいさんは、この道の向こうから 犬を連れ 歩いてくる。
  

2006年12月18日

テニスからホッケー考

ドラム1(息子)は部活で ソフトテニスをやっている。 日曜日試合を見て ホッケーにも共通する気になった点を記しておく。

① 第一に気付いたのは 試合中 『 先を見なければいけない時に先を見ず、先を見てはいけない 時に先ばかりを見て失敗をする 』 事が多い。

○ 自分のサーブや 相手の球を打ち返したあと、その球がライン ギリギリであっても 当然次を読んで動いていなければならないのであるが 「 入れ~入れ~ 」 とばかりに球だけを目で追い続け、足と身体は止まった状態になっている時がある。 

○ ホッケーでも パックだけに意識が集中している瞬間がある。
以前よりかなり回数は減ったが、試合中たった一回一瞬の自分のミスが失点につながり、その1点がチームの勝敗を決めてしまう事もあるのだ。

◎ 試合中 簡単にスマッシュが打てるチャンスボールが来た時、いったいどこを見ているのやら ミスショットをする。
先日のアイスホッケー女子選抜チームとの試合での 味方からのパスのバッティングシュートミスしかり である。

練習不足と言えばそれまでだが、見るべき時はしっかり見る事だ。 ( 今頃 パックだけ見て打つ というレベルではないはずなのだが・・ )

② テニスにおけるサーブで、ファーストサーブをミスし セカンドサーブもミスをすると相手の得点になってしまうのだが このダブルフォルトがやたらと多い。
ここで気が付いたのは、サーブをポンポンポンポン打ってしまうことである。 テンポが良い のとは違うのだ。 集中している様子が全く見られないのだ。
その1本で勝敗が決まる時もあるし、良くも悪くも流れが変わってしまう事もあるのに・・・、ファーストサーブ失敗直後 即セカンドサーブを打つのである。

ここで問題にしたいのが練習方法。技術的なことではなく 精神面、練習時の気持ちの持ちように 問題があると思う。
たとえば、10本サーブ(ショット)練習するとして 何も考えず ただ「入れるぞー」とポンポン10本打つのではなく。 「このサーブをはずしたら 大事な試合で負けてしまう、このサーブが決まれば優勝し全国大会出場できるんだ!」 等と試合と同じようなプレッシャーを掛けつつ 1本1本集中して打つのである。
そして、考えずにポンポン打って 「今日は10本中 8本も入ったぞ!前よりうまくくなったー」と単純に喜んでもしかたがない。 注意点を決め 「10本中1本しか入らなかったが、何かつかめそうだ!」 等と考えながらも 練習するのだ。
自分自身に緊張を与えつつ 集中し考えながら練習すれば汗の出方も違う。 キツイが身になる。

『 練習のとき 試合の気持ちで練習し。 試合のとき練習のつもりで試合をする 』
               これがむずかしくて なかなか出来ないのだが・・。  続きを読む

Posted by なるほどバクチャン at 23:48Comments(0)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)

2006年12月16日

女子チーム



今日も (というか、すでに昨日だが・・) ホッケーな日を過ごせて 幸せでした。
夜 大須スケートリンクで 東海女子選抜チーム(中・高校生) VS 名古屋市内3チーム合同男子チーム(中学1・2年) のアイスホッケーの練習試合がありました。 
我が愛知スターズからも男子選手が出場していたので 応援にも熱が入りました。
女子とはいっても さすが選抜チーム すごく強い! そしてカコッイイ!!
緊迫したゲーム展開の中、スターズ選手のセットの時に 先取点を取られ 「これはヤバイ・・」 と思いましたが、その後スターズ選手のセットの時に 取り返せて 「ホッ」 としました。
そして、ゲームの流れが こちらに来ているときに 点が入り 結果は 2 対 6 で男子チームが勝ちました。

* 写真は ゴールに向かい怒涛のごとく攻めて来る 女子選手VSスターズDF(ドラム1) 

スピードもあり 技術もあり そして試合のために(国体予選かな?)召集されたチームで 気合も入っており、練習試合とは思えない内容で 楽しめました!

P.S ライバル達のために、これを記しておかねば ならないであろう・・ バクチャン昼間は みっちり2時間 自主練で走り込みました。 
心地よい 疲労感があり 今日もグッスリ眠れるだろう・・ オヤスミなさい ZZZ  

Posted by なるほどバクチャン at 01:28Comments(1)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)

2006年12月15日

金縛り



自主練で コーンを置いて相手に見立てます。攻めてくる敵をイメージします。
けれども コーンは動きません。 イメージの敵はイメージ通りにしか動かない。
コーン相手にスムーズに滑れるようになる、イメージ通り動けた!= 「 やれるようになった!!」 となってしまう。
だけど いざ みんなと練習すると 動けない 『 金縛り 』 になってしまう。
相手が どう動くかわからない、 どう変化して攻めてくるのかわからない。
だから 『 金縛り 』になるのだ! 昨日パパオイが指摘してくれたように 「 試合では使えない動き 」 もしかり その動きが自分のものになっていないと 『 金縛り 』 になるのだ!
基本をしっかり身に付け 練習に練習して 経験を積まなければ メッキ は即はがれる。

今日の写真もそうである。 相手が攻めて来るだけで固まってしまっている。 そして、相手が何をしようと最初から自分が決めた動きしか出来ない・・。 だから相手が フェイントしたり ミスショットしても 全くそれに対応出来ない。 
自主練でいくら自分を追い込んでも、それなりの練習にしかならない。
みなさんの ご指導ご鞭撻よろしくお願い致します。

P.S  今日はじめて 息子に 相撲で 負けました (T_T)
      今度から また負けないぞ!!  

2006年12月12日

ライバル

先日の日曜日の練習中、パパオイがさりげなくバクチャンに寄ってきて 「 クルッ と向きを変えるのやってみて 」 と申したので わたくしは 「 突然なんだ? 」 と思いつつ 軽~く 『 クルッ 』 っとやって見せた。 ( 注  『クルッ』 っていうの = 前進で走っていて クルッ と向きをバックに変えること ) 
すると パパオイがビックリした顔をするので わたくしは 「???」 でしたが、おーそうであった 前回一緒に練習した時にはバクチャンは まだその 『 クルッ 』 を会得していなかったのだ!
わっはっはー パパオイの愕然とした顔が忘れられん! このブログの内容がウソではないことを 思い知ったであろう。
この快感を味わうために、わたくしは日々 自主練に励むのだ!  

2006年12月11日

こんな所で



こんな所で練習している。
昨日は SSNさん ( 名古屋のインラインホッケーチーム すごく雰囲気のいいお兄さんチームで  いつもRJがお世話になっている ) の練習に入れてもらいました。
後ろで だべっているのが オッサン二人。 赤い方がバクチャン その左が怪鳥 ( 子供達のアイスホッケーチーム 愛知スターズの代表である。 だから「 怪鳥 」・・・らしいface07 オヤジギャグの良きライバルでもある・・。)

怪鳥は 昨日も快調にゴールを決めてしまったため、シュートの講義が開かれました。 仲間のオヤジ i 氏 ( 最近上り調子。スパルタの海ではあるが、とってもやさしい人・・〔自分には!?〕) と ありがたく聴講させて頂きました。 
確かに怪鳥のシュートは 「 ビシッ 」 と決まる。 長良川大会でもチーム得点王だ! でも決まると後が怖い・・   

2006年12月07日

雪の中


ちょうど一年前の写真であるicon04 アイスではない、インラインをやっているのだ! 
カジケな私は とっくにシューズを脱ぎ、この狂った人々を唖然として見ていた。 小さな子供までいる・・・face07
雪の中練習をするチームは まずない。
生まれ変わったバクチャンでも この状況はイヤダ!!
   

2006年12月06日

オッサンすべり


子供のお付き合いで始めて2年くらいだろうか、そして自分もうまくなりたいと ヤル気になって3ヵ月、なかなかヘッピリ腰のオッサンすべり はなおらない。 前かがみにすりゃー いいかと思っていたが、それは大きな間違い。 ヒザを曲げて 身体はおこす。 そんなことは、子供のアイスの練習で何度も何度も聞いて 知ってはいたはずなのに・・・。
オッサンがヘッピリ腰のオッサンすべりをなおすのは 尋常ではないことは百も承知ではある ( どんなスポーツでも同じだと思うけど、オッサンになってから始めると いつまでもヘン なのだ ) しかし、子供のアイスの Yコーチに オッサンすべりはなおる! と言われた。 その言葉を信じて、これからも リキまず 練習に励もう!

オッサン頑張れ!!  

2006年12月04日

日光大会(中学)


12月2日 早朝5時 星が丘出発 日光にて午後3時15分から試合。 翌日午後12時15分から試合 午後3時30分 日光出発 午後11時40分名古屋到着。 そして本日 ちゃんとお仕事。あ~疲れた!
けれども、こんな風に子供の試合に付いて行けるのも もうちょっとで終わってしまう。 親バカ ヨロシク 夫婦で応援してきました。
結果としては、2試合とも負けたのですが そりゃ~ 楽しかったですよ! 勝てれば もっとよかったのでしょうが、アイスホッケーって スピード感があって ( スケートなのでとにかく速い、パックのスピードがすごい!ゲームの攻防も速い ) ガンガンぶつかり合って ( 防具を付けているから怪我もなく、痛くないらしい ) さすがにNHLのような乱闘までは、中学生の試合では無いけれど、その闘志・気魄 は感動ものです。 
機会があれば観戦すると いいですよ。 ハマりますよ。
 
それより、その辺に元気が有り余っている子供いないかなぁー アイスホッケー面白いよ!
わがチーム大募集中なんですよ!小学生低学年 (幼稚園OK!)から できるんだよ!
女の子もやってるよっ! とにかく楽しいんだからicon12  

Posted by なるほどバクチャン at 22:59Comments(2)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)

2006年12月01日

かがやけ ☆


スターズの おもしろい お母さんの 手作り軍旗☆☆☆ 素晴らしい!
中学生チーム 明日は日光大会で 輝いてくれicon12

明日は 携帯電話からの 初投稿となるか・・
日光より ニッコリと face01  

Posted by なるほどバクチャン at 23:40Comments(4)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)
プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ