2006年12月29日

非トラウマ

私は少年時代から 剣道なるものを やっている。
当時、先生は厳しかった。

竹刀を杖のように持ち、人の顔に向ける剣先を 床につけたりしていると、たちまちカミナリカミナリが落ち、実際に脳天がカチ割られるような目に合う。

しかし、スティックは 杖にできる。  トラウマに非ず。

正しくは スティックは 杖にできる。 ではなく、杖にするしかないのだ!
杖にするだけでなく、なんと!ブレーキに使ったりもしている。
だから 削れるのも早い! ブレード部分は すぐにペシャンコになる顔10 トホホ



満州アイスホッケーおじいさんに言われた 『 わたしらのは、ここの幅 ( ブレードの部分 ) が、もっと 広かったですな・・・ 』

スンマソン これも最初は 広かったんです・・・トホホ 顔7


この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ