2006年12月19日

昔の話

昨日、自主練していたら また満州でアイスホッケーやってたという おじいさんに会った。
本来 大の人見知りのバクチャンが 自分から話しかけたのだ! やはり満州でアイスホッケーというのには 興味を引かれる。
満州のほかに大連とか瀋陽にも おられた事があると言う。 とにかく 向こうの冬は寒かったと言う。
マイナス10度 20度は当たり前、マイナス30度~40度の時さえあったそうだ。 ( B さんのカナダ エドモントンと同じくらいかな?でも現在とは 衣食住が全く異なるなぁ ) 
その頃 おじいさんは中学生で、マイナス10度までは、外で上半身裸で走らされ、 敬礼の仕方が悪い!などと言われ ( 敬礼の格好をビシッとする ) よく ぶん殴られもしたそうだ。
そんな中 アイスホッケーは なにより楽しかったのだそうだ! シューズは スピード用、ホッケー用と しっかりしたものが ちゃんとあったそうだ。
「 私のはホッケー用でしたけどな・・ 」 とうれしそうに言われる。
しかし防具は 現在のようなしっかりした物は無く、パックが当たったりして いつも 青あざだらけだったそうだ。  壁や防具が無くては当然だろうけど チェックは しなかったそうである。 
そして激しい試合の時だけは、竹で作った 脛あて をしてプレイしたのだそうだ。

厳しかった学校生活の中 昼休み時間 ホッケーシューズを 「カシッ!」 と台に載せ 研いだりするのが また楽しかったのだそうだ。 楽しみが少なかった当時 大切な道具の手入れが 楽しかったというのは、よく わかる気がする。



       おじいさんは、この道の向こうから 犬を連れ 歩いてくる。
  

プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ