2007年01月19日

竹刀ホッケー

― プロローグ ―

その昔、毎週日曜日早朝 厳しい剣道の練習後、
家に帰らず 飯も食べず ホッケーに没頭している少年達がいた。


竹刀ホッケー

スティックは 「 竹刀 」  パックは 「 ツバ (鍔)」
グローブは 「 小手 」  ゴーリーは 「 ほうき 」 を持つ。
リンクは道場で、横が12~13m位 縦が7~8m位であったろうか。
ゴールは、お釈迦様の棚の幅  *道場は、お寺でもあり本堂を兼ねていた。
「おっ!なんと、扉が閉まっていたとはいえ 僕らはお釈迦様に向かってシュートしてたんだ・・・」
「 まあ、それはいいとして 」
「 よくない! 」

           プレイヤーは ” 竹刀 ”


           ゴーリーは ” ほうき ”

この竹刀ホッケーの最大の特徴は、なんと言ってもパックである ” ツバ ” に穴が開いていることだ。

穴の開いたパック 「 鍔だっちゅーの!」

だから、竹刀の先を 穴に入れてしまえば、誰でも容易にトリッキーな動きができるのだ。 そしてそのまま 強いシュートが打てる。
地を這うパックは やがて浮き上がり、うなるように美しいカーブを描きながら飛んでいく。 あー、 今 思い出しても 身震いがする。

勝負の分かれ目は、どちらが先に パックの穴に 自分の竹刀の先を入れるかにある。
そして、やっていた やっていた!僕らは誰に教えられることもなく やっていたのだ。
相手からパックを奪う瞬間、相手のスティックを下から跳ね上げる あの技を!

正確にパックを捉えた状態。 下から竹刀を跳ね
上げられないよう、注意が必要だ。

パックを奪い 攻め上がり シュート!! しかし、この うなりを上げるシュートさえも 敵ゴーリーのハカマに当たると 何とも 力なく ” パサッ ” っと音をたて、阻止されてしまうのだ。
リンク ( 道場 ) いっぱい使った激闘の末に、 
シューート!!

ゴール!ゴーール!!ゴーーール!!!

その ゴールのなんと気持ちの良かったことか・・!
これが、僕らの 竹刀ホッケー だ!

― エピローグ ―

現在、スターズの厳しい練習後 着替え終わってからも まだ スティックを持ち 走り回って遊んでいる子供達を見て
「 元気だなぁー 」 とか 「 コイツら、しっかり練習やっとんかいな!?」 と思う時がある。
しかし、子供達にとって 「 それは、 それ!」 なのだ。


そこには、35年前の 僕がいる。  

Posted by なるほどバクチャン at 12:28Comments(4)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)
プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ