2007年04月04日

遠山の目付け

『 遠くにある山の全容を見るように、相手全体を見よ 』
 (頭のてっぺんから、つま先まで)     という 剣道の訓である。

構えたとき、両方の目で相手の左目に集中しつつ全身を見ることにより、
                  ほんのわずかな つま先の動きをも観ずるのだ。

昨日のクィーンズ戦で その ”訓” を思い出した。

個々の選手の動きや、パックにのみ集中し 
                   リンク全体を観ていないのだ。

全選手に必要であるが、
  特にディフェンスの選手は、
     ゲームメーキングのため リンク全体を見る
          
        遠山の目付け  が必要である。

       
                   クィーンズ戦 ― 07.4.25 ―  

Posted by なるほどバクチャン at 00:01Comments(0)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)

2007年04月04日

天 誅

子供がアイスホッケーを始めて、ヨチヨチながら試合に出るようになった頃の話である。

DFであるドラム#1は、何回言っても味方ゴール前にいる敵に絶妙なパスを出すことを繰り返していた。
バクチャンは、そんなショボイプレイが当然のごとく信じられず、怒ったりしていた。
・ 味方ゴール前にパックを出すな!
・ 落ち着いて よく見て味方にパスしろ!
・ 無理にパスするくらいなら、自分でキープしとけ!

ところが自分がインラインをやるようになって、ようやくわかった というか もっとヒドイ!
不思議なくらい、味方ゴール前の敵にパスを出してしまうのだ!
ダメだとワカッチャいるけどヤメられない・・。いつもいつも そうなのだ顔16
1点を争う緊迫したゲームでそれをやると、味方全員ガックリ・・・顔7
4/1の試合練習でも、思いっきり やっちまった顔15

 そんなバクチャンに天誅がくだったカミナリ

 おでこの ど真ん中、パックリ痛い ハート2

  

プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ