2007年04月27日

遠山の目付け

『 遠くにある、山の全容を見るように 相手全体を観よ 』
(頭のてっぺんから、つま先まで)   という、剣道の訓(おしえ)である。

構えたとき、両方の目で相手の左目に集中しつつ 
              わずかな つま先の動きをも観ずるのだ。

25日のクィーンズ戦で、その ”訓” を思い出した。

個々の選手・パックの動きにのみ集中し、リンク全体を見ていないのだ。

全ての選手に必要なことであるが、
特にディフェンスの選手はゲームメーキングのため 
選手・パックの動きに集中しつつ 
    常に、リンク全体を観ずる
          遠山の目付け が必要である。
  
    
                クィーンズ戦 ― 07.4.25 ―  

Posted by なるほどバクチャン at 00:01Comments(5)TrackBack(0)アイスホッケー(愛知スターズ)
プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ