2007年09月27日

怪我はイカン

GK#18 HIROKI が、骨折した 顔7


ジロウラモコーチから指導された練習を、片腕で黙々と頑張る #18GK


    GK#18オヤジ も大変だぁ~汗・涙1

あなたは、誰ぁーれ? 顔8
                       だまっちゃ いられねェーぜ! パンチ
                           GK#68オヤジ(本名=怪鳥)

                               ― 07.9.22 ―

しかし、スターズの伝統か!? ☆☆☆

ホッケーで、ケガする奴はいない!!


以前、あのドラム#1も・・・ 


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
怪我は子供達にとって肉体的にも精神的にも辛いと思います。

特にGKは両手首への負担も意外と大きいですし頚椎も同様です。
そして膝のじん帯損傷はバタフライをする限り付いて回るものです。

うちの息子も成長過程ですから、朝晩のストレッチは欠かすことなくさせています。

保護者の方々にはより広く知識を身につけて子供達にサポートしてあげて欲しいです。

本屋に行くと結構ストレッチの本があります。種目別とか疲労箇所別とか参考になります。

うちは通常のストレッチにつぼ刺激と相撲体操を組み合わせてやってます。

GK#18頑張れ。リハビリ中に成長できることで一番大きな要素は精神的に強くなれることです。ただでさえGKは練習が地味でリハビリになるともっと単純で地味な練習を反復継続しなければなりません。これを乗り越えると大きく成長しますよ。
Posted by ランドル 林 at 2007年09月27日 09:25
ピン・ポン・パン体操ならぬ
ラン・ドル・リン体操(アイスホッケーのためのストレッチ)を考案し 
撮影はショ→コさんにお願いして、いっちょやりますかー

GK#18 みんなの練習中、
後輩GK#99がナイスセーブをすると、
リンクの壁を叩き 「ナイス・キー!!!」と叫んでいました。
普段、自分が声をかけてもらって
「励みになり、ウ・レ・シ・イことを知っているから」
誰に言われる事もなく、自然に「ナイス・キー!!!」と、声がでるんでしょうね。。。
バクチャン、いたく感動しました、、、

ランドルさん 間違っても『ウイス・キー』じゃ ないですよ!(念のため・・・)
Posted by なるほどバクチャン at 2007年09月27日 20:19
 

プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ