2007年08月27日

何と言って・・・

第3戦滋賀ジュニア戦 結果は 2対7で負けましたが、


        試合前の挨拶          健闘を誓い合う  の握手

   
      1ピリ  サウス#22(#60)のシュートで再度1点リード

     
       ポーズを決める#22  飛び上がって喜ぶ ドラム#1

       
             最後の挨拶 ドラム#1の姿なし

                       何と言ってよいのやら・・・

  



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
大会参加ありがとうございました。

後ほど、写真をお送りします。

試合後のキャプテン#1がいないスターズの選手達の挨拶風景が私達にも学びのシーンでした。

きちんと頭を下げられない#60の悔しさ、それが感染したかのような他の選手の脱力感。

この写真から#1が何を学ぶかが彼のホッケーに対する将来を決めるのではないでしょうか?

たら・ればはないですが、あの場面#1がリンクにいたらみんなを統率して前を向いて挨拶したことでしょう。それができるからキャプテンやってるタレント性があることを評価したいです。失点したら必ずGKに声をかける#1の姿を私達は見逃していません。

あの試合の結果を受け入れられない悔しさ・気持ちは分かります。それだけ必死であった証です。

でも受け入れる勇気が彼を大きくしますし、後輩達にその姿で伝統を造らせることでしょう。

ペナルティとナイスプレーは紙一重です。ホイッスルが吹かれなければ、賞賛されるプレーであることも事実だと思います。

#1・#60共に今、心の成長を遂げる良いチャンスで素晴らしいゴールデンエイジの年齢です。

息子にも#1・#60のような正面から悔しさをぶつけられる経験や心の成長を遂げられる機会が来ることをこの試合を見せて伝えて行きたいと思います。

素晴らしい、そしてカッコ悪さを惜しげもなく見せてくれた#1・#60をこれからも応援したいです。

すみません。生意気なコメントを書きました。
Posted by ランドル 林 at 2007年08月27日 09:43
ランドル林さん
心のこもった、もったいないほどの真剣な言葉
ありがとうございます。
「#1がいたら挨拶を…」は、ちょっと無理でしたでしょうね。
#1はあの直後、滋賀の方も含め たくさんの方々から指導及び声を掛けて頂いたようです。
ランドル林さんの言われるように、成長のチャンスだと思います。自分の成長と共に、Cとして 後輩に正しい事を伝えていかなければいけませんね。
Posted by なるほどバクチャン at 2007年08月27日 13:01
すみません、カッコいい返事を書いてしまいました。
私は試合中、しっかりヤジを飛ばしていました。
自分自身が成長しなければいけないのですが…
Posted by なるほどバクチャン at 2007年08月27日 13:56
母として・・。

 私は、誰に何を言われても「マイク・タイソンの母」で良いと思っていた。昨夜息子の話を聞くまでは。
 父母にはそれぞれ役割があります。勿論家庭によって違いますが、我が家は父が(バクチャン)じっくり話す役で、母が(私)感情的に・・いえいえカラダヲ張って息子を守りたい!母性本能の塊のような「タイソンの母」です!
 何事にも結構厳しくしてきたつもりですし、本当に中学3年生なのかと思うほど親子でのコミュニケーションはよく取れているほうだと思っています。
今回の試合も勿論人一倍応援を・・真剣になれば、ときには汚いヤジも!とても冷静ではいられません!息子の傷ついた気持ちを考えると・・・。
 帰りのバスで息子を見たら、なんと!穏やかになっているではないか!
 そんなはずはない!
帰ってからゆっくり話を聞くと、なんと!相手チームの方々に、とっても感動的なアドバイスを受けていた事を、一つ一つ思い出しながら 話してくれました。私ときたら「自信を無くしホッケーが出来なくなってしまうのでは・・」とまで思い、心配していました。 本当に心配でした、胸が苦しくなりました。
しかし、息子の気持ちを落ち着かせ、次への希望と課題を与えてくれたのは「タイソンの母」ではなかったのです。なんと恵まれているのでしょう!周りの皆さんの温かい心に支えられ又一つ成長しました。スターズ監督・コーチはじめ 皆様本当にありがとうございます!
 エッツ?どんなアドバイスかって?それは私たち親子の秘密の宝物にします!
 そろそろ「タイソンの母」も卒業です。

PS.滋賀JrのN君のお母様・・声を掛けていただきありがとうございます。お気持ち充分伝わりました。とても嬉しかったです。
Posted by m&mママ at 2007年08月27日 19:57
ボクらは急いで帰ってしまいましたが、その後いろいろあったんですね・・・。

そもそもが起きなければよかった出来事だけど、そこから生まれる何かがある、という事でしょうか。

ランドルさんとm&mママのすばらしいコメント。
あの時何も知らず、同じようにヤジを飛ばした私にも染み渡りました。
Posted by オマ9 at 2007年08月28日 00:02
 

プロフィール
なるほどバクチャン
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 3人
オーナーへメッセージ